六単塾の「英語の成功法則」

六単塾, 01 11月 2013, コメントは受け付けていません。
Categories: 六単塾のあらまし
Tags: ,

六単塾は独特の勉強方法を特徴にしています。

 

日本語を覚えた時と同じように、英語を身につけるには英語の文章であったり単語をとにかく数多く知っていることが大事です。

 

私たちが日本語を使うことができるのは、日本語の文章や単語を数多く知っているからです。

 

英語についてもそれと同じで、英語の文章や単語を数多く覚えることが大事なのです。

 

そのように言うと、それじゃ今までにやってきた英語の勉強と変わらないんじゃないか、と思いませんか?

今までそれで身につかなかったのに、どうして六単塾なら大丈夫と言えるのか、と。

 

長く研究してきた結果、六単塾では「英語の成功法則」を編み出しています。

 

この「英語の成功法則」をつかむことができれば、日常の会話力の他に、リスニングや文章読解の力もアップするのです。この効果は、すでに実証されています。

 

では、その「英語の成功法則」とはどんなものなのでしょうか。

 

A 英語の文章、熟語、英単語を記憶する

この文章の最初でも書きましたが、英語を身につけるにはとにかく数多くの英語の文章を覚えることが大事になります。この点、六単塾では文章で5,000本以上、熟語10,000語以上、英単語20,000語以上を目安にしています。

六単塾では、この水準を超えることを英語を身につけるための目安としています。

 

B 英語を使える人からの助言を得られる

英語を身につけるには、英語を学ぶことができる環境というものが大事になります。独学で学んでいても悩んでしまっていては学習がはかどりません。このため、英語を使える人から助言をいつでももらえるような環境が大事になってくるのです。

 

C どこでも学習できる

いつでもどこでも場所を選ばずに学習できること。英語の学習というと家や塾などと特定の場所に縛られてしまいがちですが、それでは英語を学ぶ時間や機会があっても逸してしまうことになります。

 

D 集中して学習をする

英語を学ぶと言っても、だらだらと作業していれば身につくというわけではありません。六単塾では、1日10~30分ほどを勉強のための時間にあてれば十分とします。

1日10分~30分程度で文章で5,000本以上、熟語10,000語以上、英単語20,000語以上を覚えるというと、そんなにうまくできないのではと不安になるかもしれませんが、人間の集中力は長く続きませんので、一時間勉強しようが半日勉強しようが、集中できていない時間は無駄になってしまいます。六単塾は集中して英語を学ぶやり方を取っています。

 

六単塾が編み出した「英語の成功法則」を使って、英語を使えるようになってみませんか?

 
六単塾の詳細情報は、以下の画像をクリックしてご確認ください。




 
 

Comments

ボタン>詳細はこちら